本文へスキップ

志木市で活動する道場 武徳会志木支部

画像1

活動案内report

指導

i i1 
空手の稽古は全身運動なので、体力と運動能力が向上します。道場では大きな声で挨拶、返事ができるように指導しているので、礼儀作法が自然と身に付きます。同時に年上の人との接し方や言葉いを覚え、また仲間とのつながりをもつことで、根気強さ、協調性を学びます。

当道場は、子供の良い所を見つけ、長所を伸ばす指導に重点をおいているので、子供たちはのびのびと練習し、その結果、各種大会で好成績をあげています。
 

活動

 i2 i3  
年に4回の昇級・昇段審査があります。毎年7月に行われる武徳会全国大会には、国内・国外より多くの選手が参加し、たくさんの仲間と交流できます。また、他団体との合同練習、強化練習も定期的に開催され、総本部での強化練習や特別練習にも参加しています。その他、合宿やバーベキューもあり、会員全体の親睦を深めています。※参加は自由です。



稽古 

※練習時間は、幼児部60分、少年1部120分、少年2部・一般部は180分です。
i4 i5 i6 i7 
試合を目標にする子供たちには、武徳会の幅広いネットワークを活かした大会の場が数多くあり、毎年全日本に出場する選手を多数輩出しています。
一般部は30代から70代までの方が元気に稽古をし、健康維持や運動不足解消などそれぞれの目標に合わせ、他の道場生と一緒に励ましあいながら汗を流しています。空手に年齢はありません。やりたいと思った時が適齢期です。お気軽に体験・見学にいらして下さい。

国際玄制流空手道連盟